高知鷲尾山岳会

鷲尾山麓通信

石鎚山
石鎚山

高知鷲尾山岳会トップページ

山で死なないために

登山の初心者が山で遭難しないためには

1. 独りで行かない

単独行ができるのは中級者以上。初心者は熟練者と行くこと。知り合いに熟練者がいなければ山岳会に入る。低山であっても事故が起こる可能性に大差はない。遊山気分で山へ行かない。

2. 登山計画を建て、登山届を出す

登山計画とは、そこで起こりうるアクシデント(事故)やリスク(危険)を検討し、準備を整えること。時間配分を考える。日没の2時間以上前に下山できるように、朝早く出発する。地図を読んでどんな地形を行くのか頭に入れておく。レインスーツ(雨具)、ヘッドランプ(ライト)、地図・磁石を持つ。
家族に書面で日程・山名・道筋・同行者などを伝えておく。黙っていかない。登山ポストがある山は登山届を出す。

3. 頂上からが核心部

登山の事故は下山中に起こる。頂上は目的地であっても終点ではない。まだ気を抜かないこと。のんびりお弁当を食べていないで、これから起こりうるアクシデントを想像する。登山事故の7割は道迷いと転落である。

4. 登山道から外れない

道に迷わないためには、常に引き返せるように目印をつけながらいく。「この道はどうもおかしい」と思ったら、はっきりしているところまで引き返す。勝手な判断で近道をしない。道のないところは決して行かない。転落し怪我をしてさらに事態を悪くするだけだ。引き返す道もわからなくなってしまったら、ともかく標高の高いほうへ行き、頂上まで登り返す。

5. 転倒・転落に注意

何でもないところで転倒する。木の根や浮石に注目し、一歩一歩、足の置き場を検討する。転落したら、何とかして登山道まで登り返す。登ることが無理なら、落石や増水などの危険がなく、登山道から見えるか声が聞こえるところで、人が通りかかるまで何日でも待つ。決して谷を下らない。持っているものやそこいらにあるものを活用して、暖かくして寝る工夫をする。
怪我をしているときは止血をする。患部に清潔な布を当てて圧迫する(強く縛らない)。水さえあれば2週間は生きられる。食料は皮下脂肪にため込んである。ヘリコプターから見つけられやすいのはライト(点滅光)を当てること。

登山講座 リスクマネージメント

risk management Y.TAKEMURA
山で遭遇しそうなトラブルとその対策 竹村義仁

安全対策の基本

◆ 安全は愚直にやるべし。
◆ 山岳遭難の7割は、道迷いと転落事故である。リスクは自分自身の内にある。
◆ 登山技術の要諦は、「臨機応変」。体系的知識や基本技術をきちんとマスターした上で、千変万化する自然に対処するため、その時その場で最適な解決方法を自ら見つけ出すこと。先輩や本を鵜呑みにしない。

異変

登山では感性が重要である。自然に対する感性を研ぎ澄ませておく。
何らかの異変や違和感(ルートが違う、気象状況が悪くなりそう、誰かの体調が悪いなど)に気づいたら、先頭を停まらせ、リーダーに連絡する。うすうす異変を感じていながら黙っていない。

登頂

登山は、頂上を目指して計画を建て行動を起こし、登頂または登攀することが目的である。しかし、登頂や完登にこだわり、登頂できなければ失敗だとは考えないこと。登頂は目的のひとつに過ぎぬ。
何か新しい試みをなし、困難に挑戦し、それを克服し、能力を拡大し、生還すること。山や自然を楽しみ、仲間との信頼を育む、それが真の目的である。
登山の事故は下山中におきる。頂上から先が核心部であり、本番である。自宅まで気を抜かない。体力(注意力)配分は登り40%、下り40%、帰宅20%。
 

バテて歩けない

それは体力不足だから、日頃からトレーニングをしっかりやっておく。
登山は他のスポーツより危険が多いのに、多くの登山家はアスリートほどのトレーニングをやらない。まずは、日常の活動量を増やす。きびきび動き早足で歩く、ちょっとの距離を車で行かない、エレベータをやめて階段を歩く。
ウォーキング、ジョギング、自転車、水泳、スポーツジムなども、大いにやるのが良い。ただ、やっているほどには登山の体力はつかない。
一番良いトレーニングは、やはり山に登ること。しかし、月に1回程度の登山では体力を維持できない。週に1回は必要だが、毎週登山をするのはなかなか難しい。
そこで、家の近くの山で、標高差200mくらいの未舗装路を選び、2-3kgのザックを背負って、少しきつめの速度で登り下る。近くに山がないときは、坂道か階段を上り下りする。所要約1時間。これを5-7日に1回やる。体を柔軟にする体操(ストレッチング)を毎日やる。
ハードな登山をする時には、その前に、トレーニング登山をしっかりやっておくこと。
簡単な体力測定
(1)標高差1000mを3時間で登れるなら、いちおう登山家としての体力がある。
(2)1000mを4時間以上かかるなら、もう登山はやめよう。
(3)ローソクの火を1mの距離から吹き消せなければ呼吸機能が低い。
(4)目を閉じて片足で30秒以上立っていられないならバランス能力が低い。
(5)山から帰ってきた翌日に足腰が痛いのはトレーニング不足である。

トレーニングがたりていない時や、風邪・頭痛・歯痛など体調が悪い時は登山を中止する。自分が中止すると他の人に迷惑がかかると思い、無理して参加しない。不調の人を無理に誘わない。登山口でもう一度、この登山をこなせる体調か各自が確認する。
歩く速度が遅い人は、大人数の山行に参加しない。ベテランを含む数人の仲間で行く。パーティでは先頭から2番目が楽に歩ける。リーダーは最後に位置し、隊員の体調を観察して先頭にペースを指示する。
「ペースが速くてついて行けない」「体調が悪い」などは、言いぬくいが勇気を出して言うこと。パーティのペースは一番遅い人に合わせる。それで予定どおり行動できないなら、さっさと予定を変更する。
登山中にバテたら、長い休憩をとる。ゆっくり食事をし、暖かい飲み物をたっぷり飲む。時間的余裕があれば短い昼寝をする。その後は、休み時間を短くして、ゆっくり歩く。楽なコースがあれば変更する。疲労した人の荷物を元気な人が分担する。ただし、行動食・水・非常用品まで他人に預けない。
歩き方
静かに、ゆっくり、リズミカルに歩く。
足音を立てない。足を高く上げたり、引きずらない。一歩一歩をかみしめるようにゆっくり歩く。歩幅は狭い目め(標準は靴1足分)にし、一定のテンポを保つ。歌は歌えなくても、話しができるペースで歩く。
登りでは、胸を張り背筋を伸ばし、前傾して重心を前へ出す。前足へじわっと乗り込み、後ろ足で蹴り出さない。前足の上に重心をもって来てから立ち上がる。きつい時は前足の膝の裏(ひかがみ)をしっかり伸ばして瞬間休憩する(一歩ごとに一息入れる)。
堅い雪や柔らかい土の急坂ではキックステップで足場を刻む(下りでは踵を蹴り込む)。氷上など滑りやすいところでは、後足に体重を残したまま、前足の靴底全体で着地し(歩幅は小さく、垂直に上げ下ろす)、体重をゆっくりと前足へ移す。
呼吸は足の動きに合わせる。息は鼻から吸って、口と鼻から吐く。口で吸うとのどが乾く。苦しい時は、「スースー、ハ〜〜」と二段に吸って長く吐き、息を吐ききる。肩胛骨を中央に寄せて胸を開く。
長い距離を疲れないで早く行くには、ゆっくり歩いて、休憩時間を短くする。行動30分か1時間ごとに、3分または5分間の休憩をとる。30分も持続できないほど苦しい時は、立ったまま1分間休む。頻繁に不規則に休憩を取ったり、長い時間休むとかえって疲れる。冬は体が冷える。4時間歩いたら長い休憩を取る。
岩場、落石や雪崩の恐れのある場所は、さっさと通過する。危険な場所ではのんびりしない。
ただただ歩くだけでは楽しい登山にはならない。景色の良いところや気に入った場所で、食事やお茶、昼寝の時間をとって、ゆっくり山を楽しもう。

膝が痛くて歩けない

一般に下りで痛くなるが、登り始めからゆっくり歩いて下りに備える。下りも登りと同じくらいにゆっくり歩く(スローモーションのつもりで)。上体をまっすぐにし(ザックの重さとバランスを取るため少し前傾する)、膝を少し曲げて、後足に重心を残して、前足のつま先から着地するつもりで静かにおろす。づしんづしんと体重を膝関節にかけない。段差が大きいときには横向きになる。
脚に自信の無い人はストック(杖)を使うとよい。肘が直角になるようにストックの長さを調整し、突く位置は自分のステップ(重心がかかっている足)と同じ標高にする。それより下に突くと滑りやすい。
膝が痛くなったら、包帯やサポータ、テーピングテープを巻いたり、暖めると楽になることがある。

転倒・転落した

基礎体力・筋力・技術・バランス力をつけておく。下山中の事故が多いので下りはゆっくり慎重に行く。ソールがすり減った靴や硬い靴は注意。
何でもないところで事故が起きる。木の根、草、傾いた石、赤土、ザレなど滑りやすいものに注目し、安定した足場を確保する。いつも、この足をどこにおくか、手はどこに捉まるか、次の一歩を吟味する(慣れてきたら2-3歩先を読む)。その一歩がパシパシッ決まらなくなったら休憩を取る(緊張と弛緩を意識する)。
景色や花を眺めたり、手袋を脱ぐなど何かをするときは、必ず立ち止まる。歩きながら他のことをしない。
つまづいて片脚立ちになった時は、着地している脚の膝を曲げる。重心が下がり力が抜けるので、体勢を建て直しやすい。転んでもケガが少ない。
アイゼンを履いているときは、かかと内側の爪を意識する。足を肩幅にひらき、つま先を正面に向け(外股にしない)、(スキーのように)二本歩行をする。 ピッケルはピックを山側に向けて持ち、バランスを崩したら、間髪を入れずにピックを刺し、滑落停止体勢を取る(初期停止)。

落石がある

落石のありそうな場所では、厚手の帽子やヘルメットを被る。足もとに落ちている石に注目し、落石の発生点や通り道を予測する。危険個所を通過するときは、おしゃべりを止め、耳を澄ます。交代で上部を監視する。
石を落とさないように足もとに注意する。前後の人とはぴったりくっつくか、遠く離れ真下へ行かない。真下に人がいるときは動かない。
自分が石を落としたら、その落ちてゆく方向に向かって「らくせきー!」と怒鳴ること。「ラック!」「Rock!」という人もいる。
落石の音や警告の声を聞いたら、その方向を予測し、逃げられる態勢を取る。岩陰に頭を入れる。逃げ場がないときはザックを盾代わりに使う。地面を転がってくる石でも突然バウンドして方向を変えることがある。落石をよけようとしてバランスを崩して転落することがある、よけ方にも注意。

道に迷った

山行前に、概念図(ガイコツ図)を描き、どういう地形を通って行くか(登山道ではなく地形の概念)を読んでおく。コースを間違えそうな地点を予測しておく。
行動中は、太陽の位置(自分の影)や、遠くに見える山などから、いつも方向(どっちが北か)を確認している。 「いま南の枝尾根を巻いて2本目の谷に入った。あの鞍部へ抜けるだろう」などと地形を予測しながら行く。
尾根・谷・峠・ピーク・別れ道・鉄塔など目印になる地点へ来たときに、地図の位置を確認する。

迷ったときは 『頂上まで戻れ!』 が原則。麓から頂上に向かって登っている時に迷うことは比較的少ないし、引き返すのも楽だ。下りに迷うことが多い。道に迷った時は、まずは頂上まで引きかえす覚悟を決めること。この覚悟がないために事態を悪化させる。
道を間違えた時は、いま来た道を知っているところまで引き返す。いま来た道がいかに悪場であろうとも、その状況を知っている。しかし、この先の道は、どのくらい悪いかわからない。その差は大きい。
登山道から離れない。道のないところを近道しない。特に谷には降りない。谷を下るにはザイルなど登攀用具とそれを使いこなす登山技術を要する。知らない道を行くときは常に引き返せる準備をして進む。合流する道やT字路があったら、戻る道に目印を残す(小石や枯れ木を置くテープをつけるなど)。
ベテランと行動していてはぐれたときは、はぐれた場所で待つ。そこが危険な場所なら、登山道が見えるか声が聞こえる安全な場所に移動する。
分かれ道でどちらが本道がわからないときには、間違っていると思う道を行ってみる。「この道は正しい」より「この道は間違っている」と確信が持てる方が早い。

仲間とはぐれた

パーティを分けない。行動中は、前後の人と互いに声が届くか姿が見える間隔を保つ。後ろの人が見えなくなったら、前の人に声をかけて待つこと。先頭は全体の間隔を見てペース(歩く速度や休憩)を考える。
要所(分かれ道、峠、休憩適地、水場、山小屋、山頂など)で全員そろっていなければ、それより先に行かない。たとえベテランでも独り残ったり、先に行かない。 パーティを分けるときは、無線機を持つかケータイの圏内であること。

丸木橋が流されて渡れない

大雨で増水している時は渡らない。引き返して他のルートを選ぶか、水が引くまで野宿をする。沢登りに慣れていない者は、膝より深い谷は渡らない。
徒渉するときは、できるだけ浅くてゆるやかで(川幅は広くなる)、大きな底石が少なく(砂利場)、その下流に滝や激流がない場所を探す。下流に向かって斜めに渡る。靴は原則として穿いたままがよい。ザックのウエストベルトとチェストベルトは外す。流れが速いならザイルを張って確保する。
体を水流に対して斜めにして水圧を逃がす。下流側の足で足場をとらえ、上流側の足を引き寄せる。杖は上流側に突く(水流に抗する体勢をとり、杖でバランスを取る)。
二人いるなら、互いに向かい合って相手のショルダベルトを掴み、体力の弱いものBが上流側、強いものAが下流側に位置する。Aは緩流域に入るのでBを支えられ移動もしやすい。Bは体を斜めにして水流を逃がし、Aの支持で横に移動する。
淵へ落ちたときは、ザックを浮き袋代わりにして(ベルトは締めたまま)ラッコ泳ぎ(背泳)をする。足を川下に向け、流れに乗って浅瀬へ向かう。

岩場・鎖場、崩壊地がある

トラロープや古いザイルをあてにしない。鎖でもアンカーがいい加減なものがある。腕力に頼らず、体重は足で支える。足場をしっかり決める。体を岩から離して垂直にし、重心を足の上におく。かきついたりへっぴり腰になると危険。三点支持を守る。急崖を下るときには、斜面の方に向いて後ろ向きに下りる。
コースに危険箇所があるときは、パーティでロープ(直径8mm、長さ20-30m)、スリング(60cm, 120cm, 180cm)、環付きカラビナ、エイト環、捨て縄を持ち、メンバー各自は、ハーネス(スワミベルト)、スリング(60cm)、カラビナ、手袋を持っておく。
登山道でロープを使うときは、他の登山者を妨害しないように気をつける。大人数で険しいルートを行かない(小パーティに分ける)。危険地帯の通過は、安全が第一だが、迅速性も要する。素早い行動ができるようにロープワークなどの練習を積んでおく。
ロープの扱い方
二重8の字結び(エイトノット)、マスト結び(巻き結び、インクノット、クローブヒッチ)、もやい結び(ボーライン、ブーリン)を、暗がりでもさっと結べるように練習しておく。エイト環による懸垂下降を練習しておく。
ロープ末端をハーネスに結ぶには、二重8の字結びをカラビナで接続する。中間ならマスト結びにする。
危険箇所では、立木や岩などをアンカーにして、ボディビレイで確保する。アンカーが取れないときは、足場を作って座り込む。
危険箇所が連続するときは、コンテニュアスビレイにし、ロープを立木や岩に掛けながら(スリングで中間支点を取る)行く。中間支点が取れない状態で誰かが転落したら、他のものは手に持ったループを放り出して、岩や木の反対側にまわったり、耐風姿勢を取ったり、地面に座り込み足で踏ん張って衝撃に備える。

狭い道で対向者に出会った

山道で登山者と出会ったとき、挨拶はしても道を譲らない人が多い。山道では登り優先である。これは、登りの人は下ってくる人を見つけぬくいが、下りの人は視界が効くので登ってくる人を見つけやすい。そのため下りの人が退避計画を立てようという習慣だ。登りの人に優先権があるわけではない。
例えば、登りが1人で下りが10人なら1人が譲るのがよい。その時、下りの先頭の人は、登ってくる人が待避できる良い場所へ来たときに、「こんにちは」と声をかける。

暑い、寒い

熱中症も低体温症や凍傷も初期の段階ではあまり意識されることがなく、ある時点から急激に悪くなる。衣類をこまめに調整する。睡眠不足、疲労、水分やエネルギー不足にも留意する。手袋、靴下、衣類が濡れたら早めに着替える。ただ、その後も濡れるなら、もっと悪くなった時に着替えがなくなってしまう。さっさとビバークするなど、事態が悪くなる前に対策を取る。事態が悪くなったら、休憩やビバークするよりも行動を続ける方が良い場合もある。
夏の雪、冬の雨、春秋の気温急変に備える。

遭難者を発見した

慣れないものが安易に救助や治療をしない。人口呼吸・心臓マッサージ・止血など直ちに応急手当をしないと命が危ないときのみ行う。遭難者の状態や場所を確認して警察・消防・山小屋などに連絡する。
連絡手段として携帯電話機は有効だが、山岳地では使えない場所が多い。眼下に大きな集落を望める場所なら使える。 パーティ間の連絡にはアマチュア無線が最適。
山は自己責任。安易に救助を要請しない。多少のことなら自分たちで解決できるよう訓練を積んでおく。

病気になった、ケガをした

一般的な応急手当やテーピングの方法を習得し、救急セットを携行する。医師でもないものが勝手な講義をしない方がよいので以下省略。

雷が鳴りだした

雷は、寒冷前線が南下する時、寒冷低気圧の南東側、寒気の流入や熱気の上昇で大気が不安定になる時に発生する。雷・雷雨注意報が出たら稜線縦走を中止する。
雷が発生しそうなときは、雷警報器の電源を入れ、その指示に従い早めに避難する。半径60km(雷鳴も聞こえない遠方)以内の落雷を検知でき、その距離や近づいているかどうかがわかる。最近のラジオはノイズキャンセル機能があるので落雷ノイズを検知できない(SONYの山ラジオはOFFにできる)。
ピカ(電光)とゴロ(雷鳴)が何秒あれば安全とは言えない。積乱雲の幅は10kmはあり、その端で発生したら29秒かかる。山では霧に巻かれたと思ったらいきなりドカンッと来る。尾根や岩場にいるときに遠雷が聞こえたら(特に西または北から)ただちに安全な場所へ逃げる(30kmと離れていないから1時間以内に来る)。

(a)鉄筋コンクリートの建物、本格的木造住宅、自動車・電車、3m以上の深い洞窟(入口や突き出た岩の下はかえって危険)、金属製のケージ(鳥籠・檻)の中は安全。ただし、テレビ・無線機から2m離れる。柱・壁・電灯線・電器器具・ガス栓・水道蛇口から1m離れる。炊事・洗濯・風呂などの水仕事は中止する。窓を閉め、ハンドル・電装機器に触れない。
(b)避雷針・鉄塔・送電線・配電線・電柱・大樹(5m以上)の保護範囲(頂上を45度以上で見上げ、それらから2m(樹木は4m)以上離れた場所)、橋の下(増水に注意)などは比較的安全。
(c)避雷設備のない山小屋、トタン屋根の小屋、東屋、木がまばらな林の中は安全性が低い。
(d)山頂、尾根、岩場、開けたところ、大樹から4m離隔できない森の中、テントの中、オープンカー、自転車、高さ5m未満のポールなどは危険である。早めに避難する。

避難できる安全な場所がないときは、できるだけ標高の低いところ、低地や窪地(湿地や水たまりは避ける)、ハイマツや樹林帯に入る。樹林帯では高い木から4m以上離れる。大勢でいるときは分散し互いに4m以上離れる。マットを敷きツェルトをかぶる。できるだけ低い姿勢を取る。両足をそろえてしゃがみ込む。手足を長く伸ばして地面に伏してはならない。

悪天候になった

山は天気が悪いのが当たり前。いちいち雨を避けていては登山はできない。雨の風情やしんどさも楽しもう (転倒や滑落に留意)。
ただし、台風、強い低気圧や寒冷前線が通過する時、大雨・強風・雷雨警報が出ている時は登山を中止する。悪天候と極悪天候とを区別すること。
台風や強い低気圧は遠くにあっても、山では強風に見舞われる。近くに前線があると集中豪雨になる。突然速度を上げたり方向を変えることがあるのでコースが外れていても油断しない。
山岳遭難は、(1)低気圧が発達しながら日本列島を通過するとき、(2)低気圧が関東や三陸沖合で北上するとき、(3)低気圧が通過後に等圧線が南北の縦縞になり混み合うとき、に多く発生している。
出発前にインターネットで天気図を確認する。登山中はスマートフォンやラジオで気象概況(気圧配置、寒気や湿気の流入など悪天の原因)を確認する。単なる天気予報や降水確率は山では当てにならない。
天気予報しか手に入らないときは、近隣都市の気温や風向にも注意する。今いる山域の風上側にある都市の天気に注目、日本海側の気温が低ければ寒気の吹き出しがある、日本海側が雪で太平洋側が晴なら冬型が強まる、など。天気予報は5時、11時、17時に発表される。
登山中に極悪天候になりそうなら、登山を中止してただちに下山する。山中でやり過ごそうと思わないこと。山崩れ、増水、豪雪などで退路を断たれる。

水、食料がない

行動中は最低限、夏は2リットル、冬は1リットルの水を持つ。半分は緑茶・紅茶・スポーツドリンクなどにしても良いが、水は怪我をしたときの洗浄や熱射病の冷却など、飲用以外にも必要になるので必ず持つこと。
行動日数1日につき1食分の予備食(非常食)を持つ。日帰り登山でも必要。予備食とは普通の食糧のこと。非常食とは、非常時に摂る食糧で、水や火などがなくてもそのままで食べられ、エネルギー源になる食糧のこと。
飽食の現代では数日食べなくても死ぬことはないが、アクシデントが起こった時に水と食糧があると心に余裕ができ、二次遭難を防げる。飽食の時代だから空腹に耐えられない。

雪崩が発生した

雪崩事故の90%は面発生表層雪崩による。発生原因の60%は人為的な刺激による。気になる斜面では弱層テストをする。ヘルメットを着用し、ビーコンの電源を入れる。ピッケルやストックのベルトを外す。目出し帽をかぶり、ヤッケのフードを閉める。間隔を取ってひとりずつ行動し、狭い斜面に集中荷重をかけない。交替で見張に立つ。
雪崩が起こったら雪の動きが遅い方向へ逃げる。木や岩にしがみつく。雪崩の中では泳ぎもがいて頭や手だけでも表面に出るようにする。頭を上にしてバランスを保つ。雪の動きが止まりかけたら、口と鼻に雪が入らないように手や帽子で覆い気道を確保する。雪の中で叫んでも外には聞こえず、酸素を消費するだけ。
流されなかった者は、遭難者を注視し消失点を確認する。そこからデブリ末端までを探す。救助要請よりも捜索を優先する。15分以内に救出すれば100%助かるが、130分経つと絶望的になる。救助は急を要する。
遭難者はツェルトなどで風雪を防ぎ、必要なら蘇生措置を行う。乾いた衣類に着替えさせて寝袋に入れる。湯たんぽを作り、両脇、足の付け根、首、肩を保温する。マッサージをしてはならない(血流が心臓に流れ込む)。

火山が爆発した

活火山に登る時はヘルメットをかぶり、防毒マスクを携行する。
水蒸気爆発は予知できない。爆発時の被害は噴石の直撃や噴煙・火山灰による窒息死である。逃げるしか方法がない。木造の山小屋では噴石は防げない。トレールランナーのように素早く脱出できる体力を養っておく。
火山帯を行く時は、硫黄のあるところや草木の生えていないところは速やかに通過する。無風の時は低地や谷に入らない。硫黄臭を感じたら、濡れタオルを口に当てて高いところへ逃げる。子供は抱く。硫化水素は重く水に溶けやすい。風が吹いている稜線では中毒死の危険は低い。

マムシがいる

初夏(6月頃)にみかけることが多い。おとなしい蛇で、掴んだり踏んづけたりしない限り噛み付くことはない。道ぶちの草むらや石の穴などにいるので歩いているときや休憩するときに良く確認する。倒木をまたいだり、上方にある岩を掴むときにも注意する。藪漕ぎをするときには、スパッツ、手袋を着けておく。
咬まれた時に、傷口をナイフで切ったり、きつく縛るなど、素人治療をしない。ポイズンリムーバ(毒吸出し器)を持っておく。まだ試したことはないが、素人療法ではこれがいちばん効果がありそう。マムシの毒はさほど強くない。普通は死ぬことはないのであわてない。走らずに病院へ向かう。首筋などを噛まれると腫れのために呼吸困難に陥ることがある。

スズメバチがいる

秋(9-10月)に営巣するので攻撃的になる。巣から50m以内に近づかない。黒(または黄)いものを攻撃するので、白っぽい服や帽子を着る。巣に近づくと偵察蜂が来てカチカチ威嚇するが、それを刺激しない。姿勢を低くし、じっとして動かないでいる。走って逃げたり、手で追い払わない。
襲われたら身を低くし、首筋を押さえ、目を閉じて、動かない。刺されたら、毒を吸いだし、水で洗って(毒液は水に溶ける)冷やす。抗ヒスタミン軟膏を塗る。血液を頭へ行かすため、頭を低くする。

クマがいる

やみくもに怖がらない。遠くにいるときは、声や音を出したり威嚇したりして干渉しない。こちらに気がついてじっとしているときは、ゆっくり後ずさりしてその場を立ち去る。至近距離で出会ったときは、皆が一箇所に集まり、視線をそらさない。弱みを見せず、悠然としている。背中を見せて走って逃げない。クマ撃退スプレーは5m以内5秒間しか効果がない。至近距離で目や鼻を狙う。
鈴を鳴らしていれば安全だと思ってはいけない。鳴らしていて襲われた例も多くある。それよりも、物音やうなり声、においなどに鋭敏になる。日の出日没前後に活動する。野生動物は相手が自分より強いと思えば襲ってこない。日本のクマやイノシシはおとなしい動物で人間を襲うことはない。しかし、子連れの雌、発情期の雄、手負いになったり追い詰められたら襲ってくる。逃げ道を開ける。
食料は密閉容器に入れ(香りを出さない)、テントの中やフードロッカーにしまう。

野宿(ビバーク)

ビバークを、非常時の特殊な手段としてではなく、山の夜を楽しむ方法と積極的にとらえる。日帰りができるコースでも野宿や幕営をやってみる。
登山の翌日に重要な仕事や約束を入れない。
アクシデントが発生したら、日が暮れる前に野宿の準備にかかる。全員の体調が良く、道がはっきりしており、数時間で道路や人家に出られ、途中に危険個所がない場合には、強行下山を考えても良い。それ以外は、無理に下山をするよりさっさと野宿をしたほうが良い。
野宿をする場所は、落石・増水・倒木などの危険がないかよく確認する。頂上や峠は風が強い、谷沿いは気温が低く、川原は増水がある、崖の下は落石がある。森の中は比較的安全だが腐った木が倒れたり、枯枝が落ちることがある。岩小屋は地震で崩れる恐れがある。
風が当たらず、地面が乾いており、平らな場所を探す。登山道から遠く離れない。シェルター(避難舎)は、雨が降らない限り、屋根はなくてもよい。屋根より壁や床が重要。 枯れ枝や枯葉などを集め、体温が地面へ拡散することを防ぐ(小型のマットレスを持っておく)。岩や低木(茂み)を利用して風を防ぐ。
体(衣類)が濡れて極度に疲労困憊していない限り、寝てかまわない。乾いた衣服に着替え、持っているものやそこいらにあるものを全部活用して、できるだけ暖かくして眠る努力をする。睡眠不足では翌日の行動に支障をきたす。
夜中に寒くて眠れないときは、暖かい飲み物をつくって飲む。ラーメン・うどん・豚汁・味噌汁・お茶などと小型コッファー、固形燃料を携行しておく。湯を沸かして水筒に入れ湯たんぽにする。

交通事故

下山口まで降り着いたら、そこで目標を切り替える。そこから我が家へ帰り着く最後の長丁場がある。疲れているので注意も散漫になりやすい。まずは、コーヒーなどを飲んで休憩し、目を覚ます。運転中は2時間ごとに休憩を取り、少しでも疲れや眠気を感じたら、交代したり、休憩・仮眠を取る。車間距離は、3秒以上、雨天時や夜間は4秒以上取る。

軽量化、迅速化

安全性を確保するために、装備の軽量化、行動の迅速化を図る。ただし、必要な装備を持たない軽量化は意味が無い。この山行で何が必要かを吟味し、不要な装備を徹底的に排除する。必要な装備は、使い方を工夫し、買い換えや改良をして100g単位で軽量化を図る。
危険地帯から速やかに脱出するため、技術や体力の向上を図り、強固なチームワークをつくっておく。

パーティ

登山隊を編成するときは、登山の目的を明確にし、メンバー構成を吟味する。目的を大きく分けると、楽しむ登山と挑戦する登山とになる。
気の合う仲間と愉快に楽しむ登山では、技術や体力のいちばん弱いものに合わせて登山計画を建てる。コースタイムに余裕を取り、1日の行動時間を短くする。安全のマージンを大きめに取る。
挑戦する登山とは、明確な目標を立てて、それを達成する、少しハードな登山だ。楽しむ登山と明確に区別し、安易な気分を持ち込まない。
登山計画を周到に建て、それに合うメンバーを集め(安易に誰でも参加させない)、迅速に行動できるチームワークを作る。山の状況や気象などの情報を集め、必要な装備を検討する。ロープワーク、ピッケルワーク、体力増強、迅速化などのトレーニングをしっかりやる。
安全のマージンをしっかりと見極める。危険からただ逃げていたのでは、避けるべき危険と克服できる困難との見極めがつかない。

登山計画

登山計画を建てるのは、山行を予定どおりに進めるためではない。登山行動中は、建てた計画に振り回されないようにする。
山は刻々状況が変化し、予期せぬ事態が発生する。そうした変化に柔軟に対応できるために計画を建てる。 要所にチェックポイントを設け、エスケープルートや別コースを検討し、複数の行動計画を建てておく。
そのときの山の状態や気象状況、隊員の技量や体調を把握し、この山行で起こりうるアクシデントやインシデント(ヒヤリハット)を洗い出し、最悪の状態を想定して、考え得るあらゆる対策を練っておく。そうしたシミュレーションが登山計画である。
登山行動中に最悪の事態を想定したら何もできなくなってしまう。行動中は、悲観的でも楽観的でもなく、あるがままに見ること。
しかし、計画は悲観的に考え、うまくいかないことを前提に対策を練る。
思い通りに行かないことを楽しむのが登山である。

登山届

家族と所属山岳会には必ず、必要に応じて地元警察署や山岳連盟などに登山届を提出する。登山届には最低限、目的の山名、コース、日程、参加者名を記入する。走り書きのメモで良いので必ず書き残すこと。黙って山へ行かない。山行途中で予定を変えた時も、通信ができる状況になったら家族や山岳会に連絡をする。下山届も出す。
登山届と登山計画書を混同しないこと。我々が良く作るコースと日時を記した表は、単なる旅程表であって登山計画書ではない。
事故が起こったときのチェックリストを記した緊急時連絡書も作っておく。

事故発生

事故が起こったときは、まずは落ち着く。ゆっくり深呼吸をする。あたりを見渡し時計を見る。水筒を出して水を飲む。カメラを出して写真を撮る。
頭と体を柔軟にし、いまやったミスにこだわらず、現在の状況を受け入れ、覚悟を決める。二次遭難を警戒する。
安易に救助要請をしない。要請する場合は、事故の状況、場所(標高、緯度経度、目印)、傷病者の状態、天候、時刻などを確認する。110/119番するときは、まず山岳遭難であることを伝える。

失敗の研究

(1)我々は何をやろうとしていたのか
(2)実際には何が起きたのか
(3)なぜそうなったのか
(4)次になすべきことは何か

事故は未然に防がなければならないが、アクシデントやインシデントが発生したときは、それを絶好の好機ととらえて、その原因と対策の研究をしっかりやっておく。「みっともない」「いまさら思い出したくもない」と考えていては、また同じ轍を踏む。
事故の原因を解明するときは、客観的に見ないこと。第三者的に責任の追及や評価をしない(誰が良かった悪かった)。自分がその当事者になって、そのとき自分ならどう考えどう行動したか、そうなる兆候に気がついたか、なぜこの手立てを打てなかったのか、などと主観的に考える。
失敗には2種類ある。やってみなければわからないことをやって失敗した。やってみなくてもわかっていることをやって失敗した。前者は賢者の知恵、後者は愚者の知恵。

決断

コースの変更や進退(このまま前進するか退却するか)など、重大な事項の変更は、パーティ全員で協議し、最終決断はリーダーが下す。リーダーでないものが勝手に仕切らない。
アイデアや意見をだすときは人数が多いほど良い。客観・主観をまじえて自由に意見が出せる雰囲気を作っておく。しかし、決断は1人でするのが良い。多数決では個々の判断がいい加減になり、雰囲気に流される。全会一致では総花的で中途半端になり、やるべきことができなくなる。
リーダーは、状況の本質を見抜き、いままでの経緯にとらわれず、やるべきことの優先順位を決め、勇気を持って決断する。
フォロワーは、リーダーの決断が正しいものとして、それがうまくいくように努力する。自説が正しかったことを証明する必要はない。

素直な心

危機管理とは、つまり想像力である。

見えないものを見るためには、頭を柔軟にし、感性を研ぎ澄ませ、執着をすて、驕りや思い込みを廃し、こけんやメンツにとらわれず、初心に帰り無心なること。心に陰りがあれば判断を誤る。

自然を見るには、ただ 自然に見れば良い。


高知鷲尾山岳会トップページ